情報

ぶっちゃけ行きたくない結婚式二次会をスマートな断り方

投稿日:

ぶっちゃけ行きたくない結婚式二次会をスマートな断り方

結婚式の二次会に招待されたけど、「ぶっちゃけ行きたくない、披露宴だけでいっぱいいっぱい、会費が高いし、そんなに親しい間柄じゃないし」と思っている方は多いと思います。

でも、「あいつ付き合い悪いな~」「めでたい席を断わるなんて人間性を疑うよな~」と、不参加の連絡を入れるのも一苦労。

しかし、ドタキャンだけは絶対にNG。
相手もあらかじめ出席する人数を予測して計画を立てているので迷惑がかかります。ですから、可能な限り早めに知らせることが重要です。

メールで誘われたら返信という形で。また、招待状などハガキで案内が来たのなら同じくハガキで連絡を入れることが得策。

誘ってくれた相手と親しい場合は、メールやハガキではなく、電話で直接お断りをすると誠意が伝わって、相手も納得してくれます。
そこで、結婚式二次会のスマートな断り方を紹介します。

仕事を理由にする

さすがに、仕事を理由にしたら、相手がたも「仕事ならしょうがないな0」と引き留めたり、無理知恵を働かせることはないでしょう。特に、「明日から出張だから、今日は早く帰らないと」「これから大事なお客様と商談があって、本当は二次会に行きたいんだけど、今日はごめん」といえば、相手も気を悪せず、快く二次会欠席を受け入れてくれるでしょう!

下手に理由を言わない

二次会欠席の理由を下手に言うと、相手も勘ぐってしまう可能性があります。自然体に、普通に断わることもひとつの手です。

結婚式二次会をスマートにお断りするには、仕事を理由にするか、もしくは普通に断わることが最善の方法です。1番ベターなのは、自己都合を口実にするのではなく、どうしてもやらなければならない外部要因を口実にして、お断りすることが、自分にも相手にも、気持ちよく納得できる方法です。

-情報

Copyright© 楽しい結婚式二次会をするために , 2020 All Rights Reserved.